本文へ移動

私たちが目指す未来

天然ガスをみなさんに使っていただく未来~ 

近年、環境問題に対する社会全体のニーズが高まる中、クリーンエネルギーとしてLNG(液化天然ガス)の需要が非常に高まりました。LPG(液化石油ガス)プラントを手がけ、検査を行ってきた私たちは、新たな燃料としてのLNG(液化天然ガス)プラントの建設・検査にいち早く取り組みました。
LNGは-164℃という極低温のガスです。これを安全に気化させ、適切な圧力によりみなさまにお使いいただくためのものが、プラント(設備)となります。
わたしたちは、このクリーンエネルギーとしての天然ガスをさらに普及させていきたいと思っています。

スタンド建設工事を通してクリーンエネルギー自動車が走る未来~

私たちは、ガソリン、軽油以外の各種スタンド建設工事を手がけています。
ヨーロッパでは、2040年を目指して脱軽油、EV化を進めています。日本においても、やはりEVが次世代自動車の本命であることは間違いありません。しかし現在においては、どうしてもガソリン、軽油がメインにならざるを得ません。そこで私たちは、EVが完全に普及する過渡期である今、ガソリン、軽油以外のクリーンエネルギーのベストミックスを提案し続けています。
《LPGスタンド》
主にタクシーが使用しているのですよ。
《CNGスタンド》
天然ガスを250倍に圧縮して燃料として使っています。佐川急便さん等運送会社さん向けトラックで多く使用されています。
《LNGスタンド》
-164℃のLNGをそのまま燃料として積み込みます。2018年度に当社が施工、大型トラック向けとして使用される予定です。
《水素ステーション》
水素を820倍に圧縮して燃料として使っています。みらい等FCV自動車の他にフォークリフト等にも使用します。
 

長寿命化を見据えた未来~ 

日本国内では、ガスの設備は既に30年、40年選手の設備が多くあります。
少しでも長持ちし、かつ無事故で保安を遵守した設備。これがわたしたちの目指すプラントです。
建設からメンテナンスまで、自社での施工を行っている私たちだからこそできる提案があります。
 

働きやすい会社の未来~

私たちは、休みの取りやすい、そして風通しのよい会社を目指しています。
私たちの仕事は、実際に機器を製造しているわけでもなく、配管工事等を実際に行うわけでもありません。また商社でもないので、資金も支店網も持っていません。しかし私たちエンジニアリング+メンテナンス会社は、多くの専門技術や知識を使ってプラントを設計し、メンテナンスを行うのです。これは、社員全員がプロフェッショナルな技術者でなくてはできない仕事です。
そのため、「社員の成長は会社の成長につながる」わけです。
会社は社員の福利厚生、教育、OJTに力を入れています。特に資格支援は充実しています。また上司部下の関係にありながらも、多くの語らいができる社風を常に目指しています。
 
ヒノトインスペック株式会社
〒453-0856
愛知県名古屋市中村区並木2丁目182番地
TEL.052-411-9100
FAX.052-411-9010
《事業内容》
・LPG、LNG、NH3、CNG等高圧ガス設備の設計、施工及び検査業務
・同設備機器の販売
 
愛知県東海市加木屋町愛敬68番地の4
TEL.0562-35-2888
FAX.0562-35-2890
《事業内容》
工業炉・製缶・鉄骨・集塵機・ダクト等の製造・据付、各種ステンレス・アルミ加工、旋盤・フライス加工、各種機器設備の取付工事
TOPへ戻る